パソコン画面のキャプチャー、Win 8以降の操作は

<< Return Home

 自作のマニュアルなどに、図版としてパソコンの画面を挿入したいと思います。 Windowsの画面全体やソフトのウインドウを画像にするには、どうすればよいですか。

 パソコンの画面を画像ファイルに保存することを「スクリーンキャプチャー」 「スクリーンショット」などといいます。 Windowsはこの機能を標準で備えますが、バージョンにより動作に違いがあります(図1)。

図1 Windowsでは、[Print Screen]キーを使って画面の表示内容を
画像としてコピーできる。 バージョンやキーの組み合わせ方で動作が異なる

 [Print Screen]キーを押すと画面全体が、[Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押すと選択中のウインドウが、画像としてクリップボード(メモリー上にあるデータの一時保管場所)に保持されます。これはどのバージョンでも共通です。 キーを押した後、「ペイント」などの画像ソフトに「貼り付け」をして、別途、保存の操作をしてください。

 Windows 8以降では、[Windows]+[Print Screen]キーで、画面全体を画像ファイルに自動保存できます。 画像はPNG形式で、「ピクチャ」→「スクリーンショット」フォルダーに保存されます。

 なお、キーの表記は製品によって異なるので注意しましょう(図2)。

図2 キーの表記は、キーボードによって異なるので注意。製品によっては違う場所にあったり、ほかのキーと共通化されていて、[Fn]キーを押しながら押す必要があったりする場合がある。 [Windows]キーのマークはWindows 8以降で変わっている

 またWindows 10では、付属する「OneDrive」のツールを設定することで、[Print Screen]キーまたは[Alt]+[Print Screen]キーだけで、画面を自動保存できるようになります(図3)。 ウインドウだけの画像も一発で保存できるので便利です(図4)。 ただし、Web上のOneDriveと「画像」フォルダーを同期する設定にしておく必要があります。

図3 Windows 10では、タスクバーの右に表示される「OneDrive」アイコンを右クリックして「設定」を選択(上)。 開いた画面の「自動保存」タブで、「作成したスクリーンショットを OneDrive に自動的に保存する」の設定を有効にする(下)

図4 [Print Screen]キーや[Alt]+[Print Screen]キーを押すだけで、「OneDrive」→「画像」→「スクリーンショット」フォルダーにPNG画像が自動保存される

 なお、これらの標準機能で画面をキャプチャーする場合、マウスポインターは消えてしまいます。 マウスポインターも画像に含めたい場合は、専用のスクリーンキャプチャーソフトを入手してください。

(ライター 塩田紳二)
[日経パソコン2015年12月28日号の記事を再構成]

[追記] 「スクリーンショット」フォルダーに保存されたPNG画像は、画像編集ソフト「Photoshop」を使って必要な部分を切り取り、「イメージ」フォルダーに保存すると使い易い。


Photoshop CS2 をお試しあれ=> 噂のAdobe CS2を無料ダウンロード&インストール !?

<< Return to Page Top